医工連携の成果発表~日本救急医学会・学術集会~

本学科と八戸市立八戸市民病院で開発・製作した日本初の手術対応緊急処置室搭載の「ドクターカーV3」が東京・品川で開催の標記学会(11/17(木)~19(土))で展示されました。会場では他大学・自治体等の車両が展示されていましたが、圧倒的にこの車両に注目が集まりました。市民病院の今明秀先生自らが説明を始めると多くの医師が集まります。現場で働く若手医師らから貴重なご意見や質問をいただきました。今後の改善に役立てたいと思います。

img_3277 img_3286 img_3270

WordPress Themes