第49回燃焼シンポジウムで研究発表

12月5日から7日まで,慶応大学理工学部で開催された第49回燃焼シンポジウムで,工藤研究室のM2遠藤君が研究発表を行いました.

発表は,微小重力燃焼Ⅱのセッションで,「低重力環境におけるプール火炎のフリッカリング挙動」と題して行われ,会場からは活発な質疑がなされ,遠藤君も果敢に議論に参加していました.

その他,微小重力燃焼ワークショップに参加したり,他大学の微小重力燃焼関連や火災研究関連の多くの発表を聴講し,学会の楽しさを満喫したようです.

会場に展示されていたレクサスLFAと記念撮影.東京モーターショーにも負けません!!

WordPress Themes