学生とシニアとの対話 in 八戸~原子力体感研修プログラム~

2/20(月)本学メディアセンターで標記イベントが開催されました.午前中にこれまでのまとめ学習を行い,午後は講演2件「東京電力福島第一原子力発電所事故を踏まえた動向」,「食品中のセシウム137のリスクを読み解く」を聴講しました.本学科学生も多数参加し,原子力関係のオーソリティとの対話を行い,理解を深めました.将来どんな分野に進むにせよ,このような機会を通じて,工学技術の正しい理解と技術者としての行動規範を身につける一助になればと思います.

WordPress Themes