H25年度3D-CAD集中講義

8月29日から8月31日まで3D-CADの集中講義が行われました。この講義は機械情報技術学科の2学年科目「CAD設計製図」の一部となっています。今年度は耐震工事のため、システム情報工学棟のサイバーラボで実習を行いました。ITルームより格段に設備が充実しており、講義が受けやすかったかもしれません。講師は卒業生の紺谷先生です。

内容については、これまでと同様に2次元の図面の作成方法(スケッチの作成)、2次元の図面を利用して3次元のモデルを作成(ソリッドモデルの作成)、個々に作成した3次元モデルの組み立て(アセンブリ)、3次元モデルから2次元の三面図を作成するなどです。三日間ですべてをマスターすることは難しいとは思いますが、ITルームで自由に使えるようになっていますので、「ロボット創作」や部活等で今回学んだことを生かしてほしいものです。

s-IMG_1954

シャフトガイドを作成中。最後の実習で、このモデルの三面図を作成するので、適当に作ってしまうと修正が大変です。

s-IMG_1957

通常はあまり使わないマウスのスクロールボタンも使うので、慣れないと指がつりそうになります。

s-s-IMG_1953

システム情報工学棟のサイバーラボで行っています。

WordPress Themes