嵐に向かって走れ!PartⅡ

(タイトルを借用し、続きの報告です)

前ブログにあるように、台風18号が東北地方を直撃が予想される中、高速道路で豪雨に見舞われながらも宮城県運転免許センターに向かいました。到着後は大会が実施されるか不安の中、マシン整備・車検・練習走行を行った後、大会は主催者側の配慮によりスケジュールを早めて無事実施して頂きました。

 

大会の出場マシンは、エントリー11台でしたが、やはり天候を理由に4台の出場のみとなり、高校部門が宮城県伊具高校1台、高専・大学部門は石巻専修大学が1台、そして動力研究部が2台の合計4台出場です。

 

運転免許センター1周633mを20周しますが、平均25km/h以上で走行のため、30分23秒以内でゴールしなければ失格となります。

 

時間が立つにつれ、雨風が強くなってきましたが、11:00に1分間隔で4台がスタートしました。今年度も大黒先生がフラッグを持ってスターターを担当。全身ずぶ濡れになりがなら頑張って頂きました。

 

動力研究部のマシンは、強風でカウルが外れるトラブルや、排気マフラーが路面に擦るなど順調には走行出来ませんでしたが、ピットインして補修をしたり、ペース配分を計算したりで20周を走行し、無事2台とも完走できました。

 

動力研究部の2台の大会結果としては、以下の通りです。

大学部門 1位 2号UMINECA:142.69km/l(例年より悪い結果)

大学部門2位 1号カプサイシン:70.92km/l(なぜだか燃料タンクが“空”になり原因調査中)

DSC02864 DSC02885

マシン整備後は車検の実施(屋根があるので、雨は凌げました)

DSC02898 DSC02924

出走の2台                         こちらはスターターの大黒先生

DSC02900 DSC02933

ドライバーは1年生工藤君(初ドライブ)       こちらは3年嶋森君(もうベテランの走り)

DSC02957 DSC02946

カウルが剥がれるトラブル(素早く修復!)       ピットサインを出し情報を伝えます

DSC02985DSC02863

1位2位の表彰を受けました              会場の宮城県運転免許センター

DSC02969

遠征メンバー(10名参加)

 

台風の中で走行環境は最悪の状態でしたが、無事完走できたことは、夏休み中に走行試験を重ねた結果が現れたと思います。

ただ、記録としては満足できる結果ではないので、10月の全国大会に向けて改良をしていきます。

WordPress Themes