第51回燃焼シンポジウムで研究発表

12/4(水),東京都大田区の大田区産業プラザPiOで開催された第51回燃焼シンポジウム(主催 日本燃焼学会)において,工藤研究室の4年 三上元也君が「低重力環境における熱的に薄い可燃物表面上の燃え拡がり限界」と題して研究発表を行いました.

研究室配属されて1年も経たない学部生の学会デビューということで,指導教員はヒヤヒヤものでしたが,三上君の発表は堂々たるもの.燃え拡がりの分野では有名な某大学某研究室出身の研究者とも質疑で堂々渡りあっておりました.

DSC_0476研究発表前に会場前でパチリ.

残念ながら指導教員がカメラを忘れたので,薄暗い発表会場での三上君の勇姿を撮影することはできませんでした.残念!

WordPress Themes