機械保全2級の取得に向けて

2月8日(日)に八戸工業大学教養棟において青森県職業能力開発協会主催の【技能検定後期試験】が開催されます。

実施検定種目は機械保全であり、近隣の社会人の方、高校生の方、その他沢山の受験生が本学を訪れますが、その中で本学の機械情報技術学科学生14名が機械保全2級に挑戦します。

(機械保全には、機械系・電気系・設備診断作業の3種類があり、本学学生は機械系を受験します)

11月から講習会(4回実施)では、潤滑油や軸受&歯車の不具合対応、計測器等の機械要素に関連する項目を幅広く学習しなくてはいけません。機械保全では、故障修理が出来ることは勿論ですが、「故障する前にメンテナンスをする」予防保全も大事なってくるため、的確な判断も必要になってくるでしょう。

試験合格に向けた対策講習会では、3級取得者も受験していますが、難易度がかなりアップしているので、学生らは頭を悩ませながら受講していました。

今週は強化週間と名付けて、連日学科対策講習や実技模擬試験を実施し、今週末に迫った試験に挑戦して欲しいと思います。

DSC06081

DSC06870

DSC06874

DSC06876

WordPress Themes