Posts tagged: コンバージョンEV

オープンカー「ビート」のコンバージョンEV がナンバー取得

軽自動車のオープンカー「ビート」を2年かけて電気自動車に法令に適合するよう改造(コンバージョン)し,平成27年10月21日に軽自動車検査協会の検査を通過し,公道を走行するためのナンバーを取得しました.

ナンバー取得のためには二つの大きなハードルがあります.一つはバッテリーなどの収納スペースが狭い軽オープンカーが厳しい保安基準をクリアして車検に合格するのが難しいこと.もう一つは保安基準をクリアしていることを示す書類の作成の困難さです.この二つの大きなハードルを乗り越え、この度のナンバー取得となりました.

たとえば,学生達が作成し提出した書類の枚数は400枚以上にもなりました.このハードルの高さに,学生達も心が折れかけていましたが,困難を克服しまたひと回り大きくなったと思います.

今回ナンバーを取得したコンバージョンEVは10月25日(日)開催の「はちのへホコテン」で展示予定です.ホコテンに来られた際は,ぜひ学生たちの努力の結晶をご覧ください.

 

12178126_1631809237107078_662496340_n

 

 

12167774_1631809187107083_1225581867_n

平成24年度「私立大学教育研究活性化設備整備事業」

シャシーダイナモメーターがついに導入されました(^^)V

これは、本学が採択された標記事業において、「コンバージョンEV・PHV教育に伴う性能試験」をおこなう設備です。

本学の藤田学長先生は、「青森県EV・PHVタウン推進マスタープラン策定委員」を務めており、コンバージョンEV・PHVの研究を推奨しています。

今回導入されたこの設備は、EVやHV・PHVで重要となる電力エネルギーの回生テスト等を、ベンチ上でおこなう事のできる最新のものです。教育機関としては、全国初導入の設備となります。

もちろん、自動車のカタログに記載されている、10.15モードやJC08モードでの燃費シミュレーションも可能となっていますので、カタログ燃費と実燃費の違いを検証し学ぶ事ができます☆

写真は藤田学長先生が、JC08モードで魂入れしてくださっているところです!お顔が写っていなくてすみませんm(_ _)m

ちなみに、このシャシーダイナモメーターは1200馬力以上・時速360kmまでのパワーチェックも可能で、空燃比(A/F)やブースト圧も同時表示ができる、「車好きにはたまらない」優れものです(^^)V

H.I.T.自動車工学コースのでは、このような最新の設備を使用し、地域に貢献する「次世代のエンジニアの育成」に力を入れています☆

この設備を導入するために、大黒BoSSと社会連携学術推進室の大野課長は、昨年の盆休みを返上して、文科省に提出する膨大な量の書類を作成してくださいましたm(_ _)m

WordPress Themes