Posts tagged: 原子力体感研修

原子力人材育成プログラム報告会

1/18(金)八戸グランドホテルで標記報告会があり,本学科3年生が発表しました.夏季研修と秋季研修についての参加報告とインターンシップ報告の2件の報告です.実施内容を要領よくまとめての発表でした.

3年生は本格的な就職活動が始まりますが,企業選びの参考になったと思います.

発表する三上君(右)と川崎君(中央)

インターンシップ報告をする佐藤(弘)君(右)と佐藤(恭)君

学生とシニアとの対話 in 八戸~原子力体感研修プログラム~

2/20(月)本学メディアセンターで標記イベントが開催されました.午前中にこれまでのまとめ学習を行い,午後は講演2件「東京電力福島第一原子力発電所事故を踏まえた動向」,「食品中のセシウム137のリスクを読み解く」を聴講しました.本学科学生も多数参加し,原子力関係のオーソリティとの対話を行い,理解を深めました.将来どんな分野に進むにせよ,このような機会を通じて,工学技術の正しい理解と技術者としての行動規範を身につける一助になればと思います.

H23原子力体感研修秋期研修

夏期研修に続き、10月26日~10月29日まで秋期研修が行われました。日程は以下のようになっており、夏期研修では原子力発電を中心に研修が行われましたが、秋期では原子燃料サイクルや関連施設の見学、核融合研究の見学、放射線実習などが行われました。放射線実習ではα、β、γ線の性質、測定方法について実習し、身近にある物質からも放射線が出ており、遮蔽物や距離によってその値が大きく変化することが体験できました。また、防護具を身につけての放射線測定を体験では、放射性物質が入らない防護具のつけ方、放射性物質が飛び散らない防護具の脱ぎ方について説明を受け後、参加者全員が防護具をつけてマネキンについているランタンの芯を放射線測定器の値のみで探す実習を行いました。距離や測定器の移動速度によって検出できない場合があることや防護具の暑さなどを体験することができました。

国際核融合エネルギー研究センター内計算機・遠隔実験棟のスーパーコンピューターを見学。一秒間に約1000兆回以上の計算能力があり、核融合の模擬実験を行うようです。 

環境科学技術研究所内低線量生物影響実験棟にて、低線量の放射線の人への健康影響についての研究の説明を受けています。マウスを使って実験を行っているようです。

原子燃料サイクルの関連企業で働くOBとの懇談会を行いました。学生時代にやっておいた方が良いことや社会人になっての苦労話やアドバイスなどについて話をしました。浪岡さん(H19年度卒業)、小笠原さん(H21年度卒業)、山田さん(H21年度修了)

赤石さん(H18年度卒業)と吉田さん(H21年度卒業)

 

10月26日 事前研修(八戸工業大学)

10月27日 前半 国際核融合エネルギー研究センター

  • 幅広いアプローチ(BA)活動紹介
  • 原型炉R&D棟見学
  • 計算機・遠隔実験棟見学
  • IFMIF/EVEDA開発試験棟見学

10月27日 後半 環境科学技術研究所

  • 福島原発事故からの放射性物質についての説明
  • 全天候型人工気象実験施設見学
  • 低線量生物影響実験棟見学
  • 閉鎖型生態系実験施設見学

10月28日 前半 低レベル放射性廃棄物埋設センター、六ヶ所PRセンター

  • PRセンター内での原子燃料サイクルの仕組み説明
  • 低レベル放射性廃棄物埋設センター見学

10月28日 後半 高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター、六ヶ所PRセンター

  • 高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター見学
  • 原子燃料サイクル関連企業の説明
  • OBとの懇談会

10月29日 再処理工場

  • α/β線実習
  • γ線実習
  • 防護具実習

H23原子力体感プログラム夏期研修

青森県内には原子力発電所をはじめ原子力関係の施設が様々あります。原子力関連企業に就職する学生も多く、原子力産業や研究現場の実態と魅力を知る企画として、経済産業省の支援で平成19年度から行われてきた研修です。今年度は安全、防災や放射線教育を重視した2泊3日(8月24日~26日)の研修となっています。研修内容は、

  • 東北電力東通発電所における原子力発電のしくみ学習と見学
  •  同事業所における各業務と技術者との交流、訓練センターでの実習
  • 電源開発大間原子力発電所の建設現場見学
  • 原子力研究の最前線見学I(原子力研究開発機構むつ事業所)

です。普段目にすることのない施設や現場の技術者との意見交換会など学生にとって貴重な経験になったと思います。

このプログラムは夏期研修の他に終期研修と報告会が行われます。

放射線遮へいするための服を試着。10kg以上あるそうです。

工事は止まっていますが、建設現場で見学中です。

WordPress Themes