Posts tagged: 自動車技術会

キッズエンジニア in 八戸開催!

9/24(土)本学メディアセンター及び本館に久慈市の児童と保護者約40人を招いて,震災復興支援活動の一環として自動車技術会のキッズエンジニアが開催されました.キッズエンジニアとは自動車を支える様々な分野の科学技術やものづくりに興味を持ってもらう機会を提供することによって,ものづくりの楽しさを体験してもらうイベントですが,今回は特に被災地域に出向いて小学生を元気付ける特別版で,遠くは京都からも,計5社が参加しました.各社さまざまな工夫を凝らした体験教室で児童たちは夕方まで元気に楽しんでしました.なかには児童から鋭い質問が矢継ぎ早にあり,企業スタッフがたじろぐシーンも・・・.児童からは「来年もまた来るよ!」との声もありましたが,このような活動は今年だけでなく継続したいものです.

 

これでもモーター!ねじが回転しています!

 

銅線まきまき~電磁石作りに挑戦です.(トヨタ自動車)

 

みんなで記念撮影(後列左2名がお手伝いの4年生です)

 

色々な部品を組み合わせてオリジナルマシン製作中.(本田技研工業)

 

いろいろな液体のpHを計ります.

 

センサーについて学びます.(堀場製作所)

 

高学年は3D-CADに挑戦です!低学年はパソコンで塗り絵体験(ソリッドワークス・ジャパン)

 

自分だけの風車も作って記念撮影

様々な形のファンの力を予測し試します.(カルソニックカンセイ)

自動車技術会

9月3日(土) 「大黒BoSS」と日産いわき工場に見学に行ってきました☆

いわき工場は、日産ミディアムクラスのVQ型エンジンを製作しています☆

 

VQエンジンも素晴らしいですが・・・

私は、こちらにスゴク興味があります(^^)

ハイブリッドやEV、そして駆動用バッテリーモジュール☆

徹底的に検証してみたいパーツです☆

エンジン解剖実習スタート

1年生の必修科目「エンジン解剖実習」が集中講義形式で今日からスタートしました.公益社団法人自動車技術会の社会貢献活動として,高校教員向けの研修と高校生向けの体験教室も兼ねていて,岩手県の高校の先生,地元高校生合わせて10名以上の参加もありました.

午前は講義を行った後,早速作業に入りました.

 

メンバーで協力し合い作業します.

 

本年度から自動車工学コース:浅川拓克指導員が担当しています.

 

今日1日でエンジンを分解し,明日以降は組立・調整し,いったん全部分解したエンジンの再始動に挑戦します.学生はエンジンの構造を理解するとともに,正しい工具の使い方や作業手順を学び,実習を通じてこれから本格的に学ぶ機械工学への興味・関心を向上させていきます.

 

エンジン解剖実習

大黒BoSSのブログで、三社大祭の紹介がありました(^^)

お祭りには、H.I.T.の学生達も、参加しています☆

 

その三社大祭と平行して、本学機械情報技術学科名物の「エンジン解剖実習」が実施されます!

A日程:高校生・高校の先生他15名、機械科1年生40名 B日程:機械科1年生36名での実施となります

本年度からの「初の試み」もあります。詳しくは「大黒BoSS」まで(^^)

 

本日は、その準備状況をアップします!

大黒BoSSが担当幹事を務める、自動車技術会の共催で実施しております

明日からの解剖を待つエンジン達

解剖に使用するエンジンは、事前にH.I.T.自動車工学コース4年生達の手で、完璧に整備されています

今回は、ハイブリッドカーのシステムについても講義します(^^)v

 

学生自動車研究会

公益社団法人自動車技術会は正会員4万人以上で構成される工学系国内最大の学会組織です.各支部には学生自動車研究会という組織があり,様々な活動を行っています.6/11(土)宮城県産業技術総合センター内で2011年度総会が開催され,本学科からも学生委員:4年中野豪己君(当日は代理出席で4年佐藤愛寛君)が出席しました.

当日は運営委員会の後,総会があり,その後は特別講演会(前掲)を聴講しました.本年度は今後,野田研究室や動力研究部が参加している『電気自動車エコラン in SUGO』(@スポーツランドSUGO:8/20-21),動力研究部が毎年参加している『手作り自動車省燃費競技会』(@宮城県運転免許センター:9/19),『自動車整備コンテスト』(@トヨタ自動車東北分室:10/29)などがあります.学生の皆さんはぜひ積極的に参加してください.

 

挨拶をする佐藤君(左から2番目)

WordPress Themes