Posts tagged: 高校生

インターンシップ

八戸工業大学第一高等学校の2年生のインターンシップの様子です☆

ホイールバランサーやタイヤチェンジャーを使用して、タイヤの整備体験をしています(^^)

自動車ディーラーやカーショップ、ガソリンスタンドなどでも同様の機械を使用します☆

みなさん、真剣に取り組んでいました(^^)V

4輪ホイールアライメントテスターの体験は、時間の都合で概略だけになってしまいましたが、今度また体験にきてくださいね(^^)

高校生のための低圧電気講習

高校生6名の講習を実施しました☆

検電気を使い200Vの通電を確認しています

H.I.T.自動車工学コースの4年生が指導のお手伝いをしてくれています(^^)

修了証の交付☆

みなさん、真剣に受講してくれました(^^)V

いつでも大学に遊びにきてくださいね(^^)

 

八戸工大二高のSSP

八戸工業大学では,夏休みに八戸工業大学第二高等学校から生徒を受け入れてサマー・サイエンス・プログラムと題して科学技術教育を行っています.

機械情報技術学科では,1年生の4名(男子1名,女子3名)の生徒を受け入れました.

アイスを食べながら座学の説明を受けています.

さっそく飛行ペンギンを作り始めてもらいました.φ2.5mmのカーボンロッドとABSで作ったジョイントを接着していきます.

カーボンロッドを繋げて円(通称Rib)を作っていきます.

だんだん形が見えてきました.この縦のロッドをSpineと呼んでいます.

さらにつなげていきます.だんだんでかくなってきます.

これは翼を取り付けるための部分です.長さが異なるロッドを組合わせるので注意が必要です.

最後にアルミ蒸着フィルムの外皮を貼ります.メカトロ研の学生が手伝いにきてくれています.

実際に体育館で飛ばしてみました.飛ばす前に翼をつけたり,ヘリウムを入れたりと準備がいろいろあります.

藤澤が寝そべってペンギン胴体の下からバルーンにヘリウムガスを入れています.

全長6mもあるので飛んでいてもやたらとでかいです.

参加生徒の皆さんに操縦して楽しんでもらいました.

8/3にはプレゼンファイルを作って成果発表会をしましたが画像はありません.参加生徒の皆さんには「難しかったけど楽しかった.」と言ってもらえてよかったです.いろいろと苦労して段取りをしてよかったです.

この二高の生徒さんたちが作ったペンギンを8/4,5の青少年の科学の祭典で飛ばします.

エンジン解剖実習1日目

8月2日(木)~6日(月)の予定で,本学機械情報技術学科の名物講義の一つ,『エンジン解剖実習』を行っています.
1年生の夏に集中講義の形で,4気筒ガソリンエンジンを用いて,①分解,②洗浄,③組み立て,④始動・検査の工程を体験するのものです.
ガソリンエンジンという機械工学の結晶に触れ,機械工学についての理解を深め,本学科での学習内容の理解促進や,学習意欲の喚起などに役立てるために実施しています.

受講生はスパナすら握ったこのとない学生から,自動車3級整備士資格所有者まで非常に幅広い.
これか学生が5~6人のチームとなって,1台のエンジンに対します.
『チームで仕事をするための能力』の重要性が強調されている昨今.
本学科ではこの能力育成の意味も込めて,1998年度より『エンジン解剖実習』を実施しています.

 

今年度第1日目の様子を撮影した写真を掲載します.

保護者のみなさん.
ひょっとしてご子息が写っているかもしれません.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【技能検定試験】いよいよ来週です

技能検定試験が、来週土・日で大学内で実施されます。

7月21日土曜日は、工作技術センターを会場に、「機械加工」や「仕上げ」の職種で、学生も含め8名受験。

7月22日日曜日は、教養棟(G棟)の教室で「機械保全」の職種を約100名受験しますが、いずれも近郊の高校生や社会人の方々が見えられます。

来週の試験に備え、機械保全の講習会は「実技模擬試験」を行いました。この模擬試験は、実際の教材を机に並べて受験生に問題を解かせますが、3回の講習会で学習した内容を、本番の試験同様に解答できるかの腕試しとなります。

受験生の感想を聞くと、オイルシールなどの「密封装置」や「バルブ」に関しての問題が難しかったようです。

来週も同様の問題を出題しますので、受験生の皆さんは是非参加してください。

 

機械保全の模擬試験(こちらは密封装置です)

こちらは軸受部品(ベアリング)の判定。たくさん種類があります。

工大一高生も実施しました

WordPress Themes